なっちゃんの日記(689)月、晴

| コメント(0) | トラックバック(0)

暖かな日、屋根屋さんが1人来て、8時に仕事し、午後6時頃までして働き動詞で立派な働きです!

まだ日にちが掛かりそうです。

主人は前の道側にお花を植えるよう綺麗に耕し、

そこへ、「リヤトリス」の花と「るり菊」の苗を移植しました。 

IMG_0574

2月24日、なっちゃんの楽園、内藤

パペット作りに→行ってきました。

| コメント(1) | トラックバック(0)


24日.午前9時から12時迄→山梨県立図書館に於いて、矢崎育子先生のご指導で、腹話術のパペット作りに、挑戦してきました。犬を作っ人が多かったけれど、私は「ピンクのリボンと、ローズ色の鼻のネズミ」を作りました。パペットを手に発生練習や、腹話術の重要ポイントとして、声の出し方、ボイストレーニング等→参加者一人一人が、ご自分で作った作品を手に持って.皆で口を動かさず、お腹の中から声を出して、「パプリカの歌」を歌って、楽しいひと時を過ごして来ました。ご覧になって下さい。

2020年2月24日、撮影.




東條初恵

彫刻絵画→ニ人展見てきました

| コメント(1) | トラックバック(0)


南アルプス市美術館→市民ギャラリーの、ニ人展→(市川良一さん92才& 小林寛樹さん77才)を見てきました*開催期間は2月14日~2 14日月曜日までです.
南アルプスの商工会の役員をしていたことと、市川さんは81歳で自己流で絵画を始め、現在は良彩会の主宰として、絵画教室を自宅で開いて、22名のお弟子さんに教えているそうです。彫刻は87歳から始め身延山大学の柳本教授の師事、以後、木彫りの仏像などを、中心に制作しています、
小林寛樹さんは、山梨県の商工会連合会の会長を歴任、、60才を過ぎてから米国の雑誌や展覧会の写真集を見て、バードカービングを、独学で始めたそうですが、二人の元気で勢いの良さに驚いきました。ご覧になってください

2020年2月23日撮影東條初恵





南アルプス市にあるグループホーム→アルプスのなかまたちに、市内に住む奉仕団体のボランティアさんが、森山さんを中心に→日本舞踊を踊りに来てくれました、入居者も喜んで一緒に手を動かしていました、途中で島人おきちの、名セリフの場面もありました、ご覧になってください、

2020年2月23日撮影東條初恵


なっちゃんの日記(688)日、晴

| コメント(2) | トラックバック(0)

朝から強風で寒いです。

国母ホンダに用事で行き、帰りに、昭和で買い物、

帰って直ぐに、大きいお鍋で「おでん」を作り美味しく頂きました。

日当たり良いが、強風の為 松の剪定は中止しました。

IMG_0573

2月23日、なっちゃんの楽園、内藤

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

月別 アーカイブ

アイテム